000 %

セミナー

【6/29開催】生き残る中小薬局経営の“あした”を考えるvol.8~賃上げと人材育成


セミナー概要

中小薬局が“あした”を生き抜くために、経営者はどう“あした”を生きるべきか―。

「あなた以上に、あなたのあしたを創造する」を企業理念に掲げるCBコンサルティングが主催する、薬局経営者とともに薬局経営の“あした”を考えるセミナー。

第8弾企画となる今回のテーマは『 賃上げと人材育成 』です。

2024年度調剤報酬改定では、調剤基本料が一律3点引き上げられました。
これは「40歳未満の薬剤師および事務職員の賃上げ(ベースアップ)対応」が意図されたものですが、多くの経営者から疑問や不安の声が聞こえます。

  • 人件費に限らずコスト増に悩んでいる、賃上げの原資をどのように捻出すればよいか?
  • そもそもベースアップとは?十分に理解できているか不安
  • 毎年昇給対応しているが、それだけでは不十分か?
  • 賃上げに対応しない場合、どのようなリスクがある?
  • 他社の取り組みを参考にしたい

このような疑問や不安の声を踏まえ、本セミナーでは、2024年度調剤報酬改定に盛り込まれた賃上げ(ベースアップ)の基本的な考え方や賃上げとセットで取り組むべき人材育成について、事例を交えて解説します。


プログラム

  • 14:00~14:05 開始の挨拶・操作説明など
  • 14:05~14:25 解説「調剤基本料+3点に意図された賃上げとは?」
  • 14:25~15:25 講演「2024年度調剤報酬改定が改めて示す、これからの薬局・薬剤師のあり方」
  • 15:25~15:35 休憩
  • 15:35~16:20 セッション「あり方像を実現する人材育成」
  • 16:20~16:40 質疑応答
  • 16:40~16:45 まとめ

※一部変更となる場合があります

開催日時 2024年6月29日(土) 14:00~16:45
開催形式 オンライン(使用システム:Zoomウェビナー)
※ネット環境が整っていればどこでも参加可能です。スマートフォンやタブレットでも参加できます。
※お申し込みフォームに必要事項を入力いただき、受付が完了しましたら、参加URLを記載したメールをお送りいたします。
参加費 無料
登壇者
  • 狭間 研至
    ファルメディコ株式会社 代表取締役社長
    1995年大阪大学医学部卒業後、大阪大学医学部付属病院、大阪府立病院(現 大阪急性期・総合医療センター)、宝塚市立病院で外科・呼吸器外科診療に従事。2000年大阪大学大学院医学系研究科臓器制御外科にて異種移植をテーマとした研究および臨床業務に携わる。2004年同修了後、現職。 医師、医学博士、一般社団法人 日本外科学会 認定登録医。 現在は、地域医療の現場で医師として診療も行うとともに、一般社団法人 薬剤師あゆみの会・一般社団法人 日本在宅薬学会の理事長として薬剤師生涯教育に、多数の大学薬学部での非常勤講師として薬学教育にも携わっている。
  • 多田 和史
    株式会社CBコンサルティング 営業企画部 人財開発支援課 課長
    株式会社キャリアブレイン(現:株式会社CBホールディングス)にて、採用を中心としたコンサルティング業務に従事。その後、より広範囲な人事領域の支援を行う人事支援部(現:営業企画部 人財開発支援課)を立ち上げる。調剤薬局を中心に組織の分析から人事制度の設計や教育研修など、これまで計60社以上の支援を行っている。
備考 以下の場合は開催を中止、又は延期いたします。 その際は、6月28日(金)17:00までにご登録いただいたメールアドレスへご案内申し上げます。
  • 最低実施人数に達しない場合。
  • 講師の急病や天災・人災などの災害といった不可抗力により、開催が困難と当社が判断した場合。