000 %

セミナー

【9/21開催】生き残る中小薬局経営の“あした”を考えるvol.9~業界再編


セミナー概要

中小薬局が“あした”を生き抜くために、経営者はどう“あした”を生きるべきか―。
「あなた以上に、あなたのあしたを創造する」を企業理念に掲げるCBコンサルティングが主催する、薬局経営者とともに薬局経営の“あした”を考えるセミナー。第9弾企画となる今回のテーマは『 業界再編 』です。

2024年2月27日、スギホールディングス(スギ薬局)がI&Hを子会社化することを発表しました。
これを皮切りに、調剤およびドラッグストア業界大手によるM&A関連のリリースが続いています。I&Hの買収後、スギ薬局グループの店舗数はアインホールディングスを上回り、2,300店舗を超える見込みです(*1)。かつては想像し難かった店舗数トップの交代が、現実味を帯びてきました。

表立ってきている投資ファンドの動向に注目する方も少なくないことでしょう。ウェルシアホールディングスとツルハホールディングスの経営統合では、香港の投資ファンドであるオアシス・マネジメントが保有するツルハ株13.6%をイオンへ譲渡することが決定しています。さらに、彼らはアインホールディングスの株式保有比率を2024年3月の9.6%から5月には15.02%に増加させ、株主提案の動きも見せています。このように、今後の業界再編においては、業界外のプレイヤーも一層の存在感を示す可能性があります。

薬局経営を取り巻く環境は、さらなる大きな変化を遂げつつあります。中小薬局は、これからの業界再編をどのように捉え、どのように生き残っていくべきでしょうか。
本セミナーでは、業界再編の動向と今後の展望、そして実践的な考え方を多面的かつ多角的に解説します。

*1

  • スギ薬局グループ 1,718店舗(2024年2月末時点)+ I&H 593店舗(2024年3月1日時点)=2,311店舗
  • アインホールディングス 1,231店舗(2024年4月末時点)

(2024年6月17日時点の情報をもとに作成しています)


プログラム

  • 14:00~14:05 開始の挨拶・操作説明など
  • 14:05~14:35 当社解説「業界地図が変わる?続く大手の経営統合とその影響」
  • 14:35~15:05 狭間 研至 氏 講演(テーマ未定)
  • 15:05~15:45 セッション「再編が進む薬局業界、中小薬局経営者はどう生きる?」
  • 15:45~16:00 質疑応答

※一部変更となる場合があります

開催日時 2024年9月21日(土) 14:00~16:00
開催形式 オンライン(使用システム:Zoomウェビナー)
※ネット環境が整っていればどこでも参加可能です。スマートフォンやタブレットでも参加できます。
※お申し込みフォームに必要事項を入力いただき、受付が完了しましたら、参加URLを記載したメールをお送りいたします。
参加費 無料
登壇者
  • 狭間 研至
    ファルメディコ株式会社 代表取締役社長
    1995年大阪大学医学部卒業後、大阪大学医学部付属病院、大阪府立病院(現 大阪急性期・総合医療センター)、宝塚市立病院で外科・呼吸器外科診療に従事。2000年大阪大学大学院医学系研究科臓器制御外科にて異種移植をテーマとした研究および臨床業務に携わる。2004年同修了後、現職。 医師、医学博士、一般社団法人 日本外科学会 認定登録医。 現在は、地域医療の現場で医師として診療も行うとともに、一般社団法人 薬剤師あゆみの会・一般社団法人 日本在宅薬学会の理事長として薬剤師生涯教育に、多数の大学薬学部での非常勤講師として薬学教育にも携わっている。
備考 以下の場合は開催を中止、又は延期いたします。 その際は、前日17:00までにご登録いただいたメールアドレスへご案内申し上げます。
  • 最低実施人数に達しない場合。
  • 講師の急病や天災・人災などの災害といった不可抗力により、開催が困難と当社が判断した場合。