000 %

【募集要項の見方】休日休暇編


本日は、【募集要項の見方 第2弾】ということで、
【休日休暇編】をお送りします。

まずは、意外と知らない用語の確認から。
==============================
①休日
「労働義務が無い日」のことをいいます。
この日に仕事をすると、休日出勤となり、割増賃金が支払われます。

※法定休日
労働基準法で定められた休日です。
使用者は全ての労働者に、毎週1回、あるいは、4週間に4回休日を与えなくてはいけません

※法定外休日
法定休日以外の休日を指します。
法律で定められている休日では無い為、企業によって日数は異なります。

==============================

②休暇
「労働義務のある日」を労働者が申し込むことにより、義務が免除される日です。

※法定休暇
法律上定めのある休暇のことです。
年次有給休暇、産前産後休暇、育児休暇、介護休暇、生理休暇、子の看護休暇がこれにあたります。

※法定外休暇
特別休暇ともいわれますが、企業が独自に就業規則で定めるものです。
例として、夏季休暇、リフレッシュ休暇、慶弔休暇等があります。
「休暇が充実している」という企業についてはここをチェックしましょう。

==============================

③年間休日
休日(労働義務が無い日)の年間合計数です。
企業が定める創立記念日等も含みます。

一般的に休暇は含まれませんが、
含んで記載している場合もあるため確認が必要です。


==============================


そして、休日についてよく話題にあがるのは、
「完全週休2日」と「週休2日」の違いです。

完全がつくかつかないかで、休み方が全く異なる為、きちんとチェックしておきましょう。

◆完全週休2日
1年を通して、必ず毎週2日の休日があることを指します。

出勤 出勤 休み 出勤 出勤 出勤 休み
出勤 出勤 休み 出勤 出勤 出勤 休み
出勤 出勤 休み 出勤 出勤 出勤 休み
出勤 出勤 休み 出勤 出勤 出勤 休み

 

◆週休2日
1年を通して、月に1回以上、
2日の休みがある週があり

他の週は1日以上の休みがあることを指します。
一見、すごく休みが少ないように感じますが
実はこれも週休2日なのです。

出勤 出勤 出勤 出勤 出勤 出勤 休み
出勤 出勤 出勤 出勤 出勤 出勤 休み
出勤 出勤 出勤 出勤 出勤 出勤 休み
出勤 出勤 休み 出勤 出勤 出勤 休み

 

 

さて、そして更に注意が必要なのは「祝日の取り扱い」です。


完全週休2日といっても、その2日間の休みに祝日が含まれている場合と含まれてない場合がある為です。

多くの方は、
「どうせなら休みは多いほうが良い!」
「祝日は別途休みたい!」
と思いますよね。


見分け方としては、以下の2点があります。

◆募集要項に「休日: 完全週休2日、祝日・・・」と祝日が別で記載されているか

◆年間休日数で判断する
(完全週休2日+祝日数を数えると、おおよそ120日前後になります)

 

休日数が大きく変わらない法人も多いため、「休みの多さ」だけで就職先は決まらないと思いますが、避けなくてはいけないのは、「想定と違った!」という事態に陥ることです。

転職される方にも、ありがちな失敗です。
前職と同じような休日数かと思っていたら、
募集要項の見落とし・解釈の誤りがあり

「こんなはずでは無かった・・・」と早期退職に至ることもあります。

これは防ぐことができる失敗です。
きちんと理解し、募集要項は正しく読み取りましょう!