000 %

企業が学生に求めるもの


「企業が学生に求める能力」は何だと思いますか?

日本経団連が実施している新卒者採用に関するアンケート調査によると
16年連続「コミュニケーション能力」が第一位です。

==============================

<日本経団連2018年度新卒採用に関するアンケート調査>
選考にあたって特に重視した点(20項目のうち5つを選択)

・コミュニケーション能力: 82.4%
・主体性        : 64.3%
・チャレンジ精神    : 48.9%
・協調性        : 47.0%
・誠実性        : 43.4%

==============================

特に意外性のある結果ではないですよね。
「やっぱりそうなんだ」と思った学生さんも多いと思います。

ここで考えたいのは、以下の3点。

①なぜ、一番重視されているのか
②学生と企業のコミュニケーションにギャップはあるのか

③企業側は、その能力をどのように判断しているのか

という点です。

①なぜ、一番重視されているのか
仕事で使うから。これにつきます。

コミュニケーション能力が不要な会社は皆無といって良いでしょう。
コミュニケーションは、対顧客だけではなく、対上司・対同僚等の社内でも発生しますからね。

②学生と企業のコミュニケーションにギャップはあるのか
ギャップはあります。学生が考えるコミュニケーション能力と

企業が考えるコミュニケーション能力は違います
今後、社会人として働くにあたって「企業の一員として」
コミュニケーションをとらないといけないのです。
このあたり、是非就職活動で出会う先輩社員の皆さんや
採用担当者の方に聞いてみても面白いかもしれませんね。

③企業側は、その能力をどのように判断しているのか
かしこまった質疑応答がある面接、ではなく
「面談」として雑談スタイルでみていくケースが多いです。

なぜなら、質疑応答には準備ができても、雑談は準備が出来ないからです。

 

③に関していうと、完璧な準備はできなくともやれることはあります。
それは、社会人との会話に慣れる、ということです。

インターンシップや企業説明会・懇親会等で
多くの採用担当者や、先輩社員、場合によっては経営者にも会える機会があると思います。

その際には是非、自分から積極的にコミュニケーションと取りに行き会話をしましょう。
そこでの経験は、必ずこれから始まる選考にも役立ってくるはずです。

インターンシップ等は、勿論その会社を知る為のものでもありますが
活用の仕方は、自分自身の捉え方で何通りにもなります!

CBコンサルティングでも、沢山の企業の方々と交流できるイベントを開催しておりますので
是非、有効活用してくださいね!


☆企業交流会一覧:こちら
☆インターン一覧:こちら